自宅学童サロン開業に向けた実践セミナー

こどもクリエ塾では、すべてのこどもたちが地域や環境に関わらず、有意義な放課後時間を過ごすことができる世界を目指しております。

そこで、教育への情熱をもち、地域に根差された学童保育や習い事教室の開業を目指される方に対して、ご自身の強みや地域の事情に応じた自宅学童サロンを開業するための実践セミナーを開講いたします。

こどもたちの明るい未来に向けて、各地域に根付いた自宅学童サロンやアフタースクールができることを応援しております。

「自宅学童サロン」開業支援 【ベーシックコース】

最初に、これまでのあなたのこれまでを棚卸し、自分の理想や強みをみつけ、自宅学童サロンを開くための計画をつくります。
次に、届け出や契約書作成、安全・安心なサロンづくりの準備、必要な方は融資申請など、自宅学童サロンを開くための具体的な準備・手続きに取り組みます。ホームページ制作や必要に応じて様々なSNS設定も実施いたします。ゼロからのお客様づくりや説明会、保護者様とのコミュニケーションの方法も学びます。

コースは、毎回3回・3時間に分けて実施し、あなたの自宅学童サロン開業までの準備すべきことを次回までの課題として考えてきていただきます。コース修了後には、すぐに開くことが可能です。開催はZoomを利用したオンラインで平日午前中に実施いたします。全国からのご参加をお待ちしております。

<コース詳細>

0.なぜ、いま「自宅学童サロン」なのか?
・小1の壁とは
・公設学童の問題
・自宅学童サロン メリットとデメリット 等
1. 準備を始める前に考えること
・なぜ、やるのか?自分自身を自己分析する
・自宅 or 外部施設 チェックポイント
・家族に宣言する 等
2. 計画をたてよう
・あなたの地域を知る 様々な市場データの調べ方・味方
・教育サービスを考える
・様々な契約設定 メリット、デメリット 等
3. 安全・安心で快適な学童保育サロンづくり
・教室レイアウト
・料金シミュレーション
・衛生管理 等
4. 届け出&規約作成
・様々な届け出
・銀行口座開設
・ルール規約 等
5. ゼロからのお客様づくり
・募集のためにライティング&写真テクニック
・プロフィールづくり
・ホームページ制作と様々なSNS設定
・説明会 準備 等
6.個別コンサルティング
※コース内容は、参加者の方々の個別事情等に応じて変更となる可能性がございます。

日本実業出版社『「民間学童」のつくり方・運営の仕方』は、業界成長のため、遠藤が執筆・商業出版しました。また、認定専門家ドリームゲートアドバイザー(2019-2020年実績 研修・コーチング部門1位、資金調達部門3位)として全国の民間学童出店や運営立て直しのコンサルティングを2年間行っておりました。豊富な経験・ノウハウも踏まえて、多角的なアドバイスいたします。

<対象>
子育て経験を活かして起業されたい方
子どもの教育を自宅でされたい方
こどもクリエ塾 自宅学童サロンを開業されたい方
※自宅以外の場所で学童保育開業を検討されている方もご参加頂けます

<開催日程/料金>
平日午前中 3時間×3日程
こどもクリエ塾 四谷校 または Zoomにてご参加いただけます
※お休みされた方は録画でご覧いただけます。

詳細は、お問い合わせいただきました方に7月中旬にご案内予定です。

【自宅学童サロン開業セミナーお申込み】

「自宅学童サロン」開業支援 【アドバンスコース】

ベーシックコースを修了された方を対象とした特別コースです。
ご自身の強みをベースとした具体的な教育プログラム設計やプロジェクト型学習の運営、指導方法等を学びます。
実際の現場での実践・研修を行い、開業に向けてご自身の課題の洗い出しを行います。
しっかりとフォローアップ研修をしたうえで、自宅学童サロンとして開校できるようサポートいたします。

<コース詳細>

1.座学レッスン
・教育プログラム設計の考え方
・プロジェクト型学習の運営、指導方法
・ こどもたちの一日の過ごし方と指導ポイント
・ 具体的なコミュニケーション方法
– 自律心を育むために
– アドバイスの方法
– ファシリテーションの方法
– 注意の方法
– 保護者様とのコミュニケーション

2.実地研修
・現場でのOJT
・子どもたちとのレッスン
・課題の洗い出し

3.個別フォローアップ研修&コンサルティング

※コース内容は、参加者の方々の個別事情等に応じて変更となる可能性がございます。

<対象>
ベーシックコースを修了され、ご自身の自宅学童サロン基本プランができた方

<開催日程・料金>
平日 3時間×3日程
・事前レッスン&フォローアップレッスンは、平日午前中開催
・実地研修は平日午後開催となります

詳細は、お問い合わせいただきました方に7月中旬にご案内予定です。

【自宅学童サロン開業セミナーお申込み】

これからの民間学童保育業界とは?

これまでは「小1の壁」問題に応えるため

共働き世帯の増加に伴い、「小1の壁」が深刻化し、働く切実な保護者様の声に応える形で、民間学童業界は成長し続けてきました。
「小1の壁」は、子どもが小学校に上がり、仕事と子育ての両立が難しくなる問題です。公設学童は空きがない、預かり時間が18時までと保育園よりも短い、宿題などの学習サポートがない等、働く親のニーズに合っていないケースも多いため、「民間学童」の人気が高まっています。業界全体は年間10%成長を続けており、2020年末時点で5,000億円の市場となりました。

国の政策として、今後も女性活躍推進や子どもの支援には、力を入れて取り組んでいく方向です。小学生の子をもつ親の就業支援として重要な役割を担う民間学童保育は、これからも成長が期待できます。

これからの注目は「小4の壁」

しかし、市場の成長・拡大、民間学童の社会的役割が高まると共に、民間学童に求められていることは、もはや長時間お預かり可能な箱だけではありません。子どもたちが放課後を有意義に過ごし、「小4の壁(10歳の壁)※こどもの発達課題に応じた問題。近年学力低下・考える力の低下を指摘する問題が多い)」を乗り越えるための土台となる学び・教育的な役割も重要視されるようになりました。
これからの民間学童業界では、小学校1年生の子どもたちが豊かな放課後の時間での様々な体験・学びを通して、のちのちの小4の壁をしっかりと乗り越えられる力を育む「学び・教育的な品質の差別化」が求められているとも言えます。

 

学童・教室オーナー様への教育支援

あなたの学童保育・教室に、キャンセル待ちが続く理科実験を開講しませんか?

こどもたちが、いつでも、どこでも、理科実験を日本語と英語で学べるKidsClie Science School Kitsを毎月お届けします。皆さんは、机と椅子があれば、事前準備は不要です。理科実験のポイントは、日本語と英語で毎月オンライン研修と録画動画をご覧いただけます。学童保育や、プリスクール、インターナショナルスクール、英語教室、学習塾等、子どもの教育施設にもおすすめです。
詳細・お問い合わせは、KidsClie Science School Kitsをご覧ください。