理科実験教室

特徴

  • 楽しい実験を通して、「化学」・「物理」・「生物」・「地学」の4分野をバランス良く学習します。
  • 毎回1テーマの完結型授業で、年間48テーマの実験に取り組みます。
  • 小学校の理科実験教室と同様の、本格的な実験道具を使った授業です。こどもたちは「実験・観察記録」や「わかったこと」を専用ノートにまとめますので、毎回の授業に参加することにより、思考力や洞察力が自然と身についていきます。
  • 他の理科実験教室ではほとんど実施しない「解剖」も行う、本格的な授業です。

コース概要

初級コース

日常生活の中で身近なことや、遊びの中の自称をテーマに実験を通じて、楽しみながら自然科学を探求していくことの素地を培っていきます。小学校3~4年生相当のレベルとなります。

  • 1月『踊る塩 他、音&振動』
  • 2月『溶かして固めるマーブルキャンディー 他、溶かす&固める』
  • 3月『静電気発見器をつくろう 他、静電気&炎』
  • 4月『割れないシャボン玉 他、表面張力&磁石』
  • 5月『ロケットを飛ばそう!慣性の法則 他、空気抵抗&飛行機』
  • 6月『鏡の世界 他、ろ過&光&鏡』
  • 7月『水に溶けるとどうなる? 他、重さ&発砲スチロール&浮力』
  • 8月『結晶 世界一美しいキャンディー 他、 特別実験』
  • 9月『種子と発芽 他、植物の水耕栽培&星座』
  • 10月『地層と断層 他、電気&地層』
  • 11月『生き物のプレパラート 他、顕微鏡と微生物&秋の実』
  • 12月『でウ素のでんぷん反応 他、でんぷん&糖&人のひみつ』

中級コース

身近な事象から視点を少しずつ広げることにより、自然科学の様々な分野に目を向けさせ、実験を通して物事を観察する力や洞察力などを養い、科学的な視野を広げていきます。小学校5年生までのレベルを学びます。

  • 1月『レモン電池?炭備長?』
  • 2月『塗料をつくろう』
  • 3月『鉄と磁石のふしぎ』
  • 4月『サイダーをつくろう』
  • 5月『ろうそく作りと炎色反応』
  • 6月『増える水?』
  • 7月『ペットボルで楽しい実験』
  • 8月『キカイとシゴト』
  • 9月『太陽と星と月と』
  • 10月『結晶を作ってみよう』
  • 11月『昆虫のからだと標本作り』
  • 12月『いろいろな重さをはかってみよう!』

上級コース

実験の対象ををミクロから宇宙の広範囲に広げ、自然科学への無限の探究心を喚起させるとともに、
体験を通した知識を得させることができるプログラムになっています。中学校1年生1学期のレベルまで学びます。

  • 1月『色が変わる!酸とアルカリ』
  • 2月『プラスチックで何作ろう?』
  • 3月『魚の解剖』
  • 4月『色と光の科学』
  • 5月『電気のパワーで・・・!』
  • 6月『この石はどからきた?』
  • 7月『色のいろ』
  • 8月『解体のすゝめ』
  • 9月『アイスとカイロを作ろう』
  • 10月『ロケットと熱気球を飛ばそう』
  • 11月『電気が磁石になる!?』
  • 12月『LEDと豆電球』